高級な補聴器はザーザーうるさいと老人は嫌がる

おすすめなのは補聴器ではなく集音器。老人性難聴に特におすすめな集音器は高齢者に人気の「みみ太郎」です。

高級な補聴器はハウリング、ピーピー音がしないの?

すぐにハウリングをしてピーピー音がする。
それは補聴器の性能が悪いからなのか?
ハウリングの原因は
イヤホンが耳に合わない場合に起こります。
耳とイヤホンの隙間から音が漏れ、
漏れた音を増幅させるというのを繰り返して
ピーピー音がします。
まずは使ってみて、
ハウリングしないか確かめてください。
集音器のみみ太郎は
「10日間の無料貸し出し」があります。

↓↓コチラから↓↓

みみ太郎

ハウリング(ピーピー音)の原因

ハウリング(ピーピー音)の原因は
耳に合わないイヤホンの他に
使い方が間違っている場合もあります。
ボリューム設定が大きすぎる、
本体の場所が近すぎる、
イヤホンを耳にきちんと入れる前に
スイッチをいれてしまう。
あと耳垢に音が跳ね返されて
ハウリングがするという場合もあります。
頻繁にハウリングが起こるなら
使い方に原因があるのかもしれないので
確認してみましょう。

コンサートで迷惑な補聴器のハウリング

コンサート会場での補聴器のハウリング。
原因は「ボリュームが大きすぎる」
「イヤホンが耳にぴったりと合っていない」
だけだから、気をつければ大丈夫?

実はコンサートの音響機器と
補聴器の周波数が干渉してしまう場合も
あるようです。
その場で補聴器の調整ができないのなら、
そのコンサートは諦めなけば
ならないかもしれません。

職場の同僚がピーピー音がうるさい

職場の同僚から耳鳴りのようなピーピー音が
一日中していてストレス。
原因が補聴器と耳との間の隙間だとしたら
教えてあげる以外に止める方法がありません。
ピーピー音を鳴らしている本人が
気づかないからです。

日常的なクセがハウリングの原因になる

普段からのクセになっている使い方が
原因の場合にはなかなか治らないので
頻繁にハウリングがおきてしまいます。
クセですから簡単には治りません。
・耳にしっかり装着するのが嫌で緩くつけ、
隙間ができている
・耳に装着する前に電源をいれてしまう。
・耳から外す時に外した後に
電源を切るクセがある。

電源については耳に装着したまま
ボリュームを下げるようにすると
ハウリングが少なくなります。

ピーピー音のせいで耳が悪くなる?

補聴器からでるピーピー音は
周囲に聞こえるので周りにいる人には
とても不快で耳障りな音です。
しかし使用している本人が
まったく気がつかない場合があります。
ピーピー音が聴こえない方は
ハウリングに気がつかず、
ずっと音がでたままですから
耳が悪くなってしまう可能性もあります。
まず、大事なのは耳に
しっかりとフィットする補聴器を
隙間のないように装着する。
耳にしっかりフィットしているかは
実際に使ってみて
ハウリングがないか確認しましょう。

更新履歴